2017年05月17日

ギブソンを賢く買う方法

ギブソン(GIBSON)ギターの一番有名なアコースティックギターといえばサンバーストカラーのギブソンJ-45ですね。だいたい15万円くらいが平均ですけれどアコギごとの音には個体差が結構あるといわれています。

新品のギブソンギターと中古のギブソンアコギでも音は違うし、同じ年代につかられたアコースティックギターであっても保存状態や弾き込み具合でも変わっていきますね。
ギブソンギターJ-45のシリーズでいうと色ちがいのギブソンギターJ-50がありますが、カラーリングの違いのみで使用する素材や形は一緒です。

J-45の先代にあたるアコースティックギターにはギブソンJ-35という機種があります。ここまでの45とか50、35という数字は何かというと、価格です。ギブソンJ-45ならば発売当時の価格が45ドルだったってことです。ライバルのマーティンに比べるとかなり安い値段だったそうです。

ギブソンアコースティックギターJ-45系統のモデルではアドバンスドジャンボ・ギブソンギターサザンジャンボといった上位機種にあたるモデルもあります。

これらの機種はミュージシャンの山崎まさよしさんがつかっていたりする人気のあるタイプで、インレイの模様だとかボディやネックに使われる木の違いなどがあるようです。

ギブソンを買うなら惜しげもなくお金を出せるなら別ですが、楽器屋さんに何度もかよって、可能ならば店員さんと仲良くなっていい音のするギブソンが入ったらすぐに知らせてもらえるくらい親密になっておくといいですね。店員さんもアコギが大好きですから軽く知識を入れておいてそれをネタに話しかけたりすると、喜んで仲良く慣れますよ。

こういうギターの知識サイトで読むだけでもいいですしね。

アコースティックギター
posted by アコースティックギター at 09:34| Comment(1) | TrackBack(2) | アコースティックギター

2007年05月17日

マーティン弾き比べ

マーティン(martin)アコースティックギターもドレッドノートスタイルのD-28を代表的なモデルとして、ミュージシャンに愛され続けているアコースティックギターですね。有名どころでは小田和正さん、ミスチルの桜井さんあたりもマーティンd-28を使っているようですし(玉置浩二さんはもっと上の上位機種らしいですね。) MARTIN D-42・MARTIN D-45・MARTIN D-41・MARTIN D-35・Martin D-28といった頭にDがつついたドレットノートタイプのアコースティックギターは他のメーカーも模倣するなど、世界中でスタンダードと言えるものになっています。

(コリングスギターなどはモノマネを超えたマーティンよりも安価でそれでいていい音を奏でるアコギをせいさくしていますね)

マーティンではドレットノートタイプが絶大な人気を誇っていましたが、最近の流行ではもう少し小さいタイプが売れているらしいです。ギターショップの店員さんが言ってました。MARTIN 000-42といったトリプルオー、ダブルオーと呼ぶ機種が一回りサイズのコンパクトなアコースティックギターです。0の数が増えていくほどコンパクトになるという具合らしいです。マーティンを眺めているとそう派手な装飾をしているわけでもないし、シンプルで味気ないかな?なんて思っていましたが、年代ものの戦前のMarthinギターを弾かせていただいたときには理由がわかりました。音の伸び方がまったく他のアコギとは違い、目を瞑っていても聴き比べができるほどでした。
posted by アコースティックギター at 10:31| Comment(0) | TrackBack(0) | アコースティックギター マーティン

流行のアコギとJ200

ギブソンj-45の項で紹介したサイトでギブソン(GIBSON)アコースティックギターのシリーズを羅列していました。ぱっと見ただけでは頭に入ってこないなあ。 たくさんあります。

ギブソンギターSuper 200 Cutaway Custom
ギブソンギターJ-250 Monarch
ギブソンギターSJ-200 Custom Vine
ギブソンギターWestern Classic SJ-200

同じタイプのアコギと思われる型をあげてみました。
このあたりの200のつくモデルはアコースティックギターの中でもすごくでかいサイズですね。体が小さい日本人には弾きこなすというよりも持たせれてる感じになっちゃいそうですね。例によって200は200ドルのことで、当時のマーティンもその位したようです。
今のアコースティックギターの流行はどちらかというとデパペペさんとか押尾コータローさんていうフィンガーピッキング、ギターデュオの音楽業界での成功と活躍でコンパクトなタイプの(日本人には弾きやすい?)ものが売れているようです。少し前まではエリック・クラプトンの影響でマーティンドレッドノートスタイルが出ていたらしいですが、アコースティックギターにもはやりすたりがあるようで面白いですね。
ギブソンギターSongwriter Deluxe
ギブソンギターハミングバード、そしてDOVE

と知っている名前はそんなに多くなかったですけどたくさんあるんですね。ここで紹介しているDOVEってどんなアコギなんだろう?
posted by アコースティックギター at 09:48| Comment(0) | TrackBack(0) | アコースティックギター ギブソン